Menu

塗り替え時期について

Home

塗替えのSOS

塗替えのSOS

外壁塗装は、もちろん外観を綺麗に整える目的もありますが、一番大切である本来の目的は「建物を防水することで建物の寿命を延ばす」ことです。
建物に水が浸入すると、断熱材が湿気でカビてしまったり、木材が腐ったり、シロアリを呼んだりといった大きな被害がでてしまう可能性もあります。

こうした被害を出さないために外壁塗装をし、大切な家を守る必要があるのです。

このような症状が出ていませんか?

ヒビ割れ

壁にヒビが入っているのは、防水性が失われている状態です。
雨水の浸入しやすい状況ですので早めの塗り替えをおススメします。

浮き

雨水の浸入により、塗装と下地の間に水が溜まっている状態です。
下地の強度が低下している恐れがありますので対策が必要です。

シーリング割れ

タイルには問題はありませんが、雨漏りの原因となりますので、シーリング修繕は行いましょう。

チョーキング現象

外壁の表面に白い粉が吹く劣化現象です。塗料の防水性が失われかけてダメージを受けやすくなっており、外壁を触ることで簡単に確認できます。

藻、苔

日当たりの悪い箇所や湿気の多い箇所によく見られます。放っておくと、劣化を早めるだけでなく、防水性も失われてしまいます。

剥がれ

浸入した雨水が塗膜と下地の間にたまることで起こり、雨水の浸入を促して建物の強度を低下させる原因になってしまいます。